素焼きとは

海老をはじめとした素材の風味と光栄堂特性の甘味を引き出すため、
油であげることなく鉄板と鉄板で生地を挟むように焼き上げています。
油で揚げずに焼き上げるため、素朴な味でありながら素材そのものの味を
お楽しみいただけます。

えびぜんべいの「顔」

せんべいが同じ形同じ大きさになることを専門用語で「顔がいい」といいます。
光栄堂は味だけでなくこの「顔がいい」にもこだわり、
「顔がいい」えびせんべいを作るために特注の鉄板で焼き上げています。

海老と馬鈴薯でんぷんを混ぜ合わせた生地を大きな鉄板の上にしぼり、
生地の上に素材を乗せて焼く商品については、絞った生地の上に
ひとつひとつ手作業で素材を乗せていきます。

鉄板2枚ではさむことによって、丸く大きさが均等になります。
熟練の職人が鉄板を調整しながら焼き上げるとともに、
1枚1枚確認し、形だけでなく小さな違いまでチェックすることで、
「顔がいい」えびせんべいをお客様にお届けしております。